TOP > ビタミンの種類

ビタミンの種類

ビタミンって何?

ビタミンとは

ビタミンは、人間が必要とする五大栄養素の内の一つ。なくてはならない存在です。
ビタミンは、健康に欠かすことのできない成分なのです。
例えばビタミンB1が不足すると、脚気の症状があらわれたり、ビタミンCが不足すると壊血病が引き起こされます。
極度のビタミン不足は、ビタミン欠乏症という疾病を引き起こすのです。

ビタミンの種類

ビタミンA,ビタミンB群(B1,B2,B6,B12,ナイアシン(ニコチン酸),パントテン酸,葉酸,ビオチン),ビタミンC,ビタミンD,ビタミンE,ビタミンKの13種類があります。

ビタミンの性質

ビタミンには、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの二種類があります。
水溶性ビタミンの代表的なものはビタミンCですが、水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿中に排出されます。
脂溶性ビタミンは過剰摂取すると、体内に蓄積されるため、摂取しすぎると今度は体によくない影響を与えます。長期的に脂溶性ビタミンを摂取し続けると、過剰症を引き起こす原因になるので、取りすぎには注意しましょう。

Copyright(c) 2013 ビタミンサプリメント情報 All Rights Reserved. Design by